Jacobsen's experiments in organic form are seen in this chair. He uses a moulded fibreglass shell with foam upholstery to create a smooth, womb-like cup on an aluminium base.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラリーといっても山道を猛スピードで駆け抜けるアレではない。

アレはSSといってラリーの一部。

ラリーの大半はオープンな一般道を

いかに時間を守りながら走り続けられるかを競う競技。

実はスピードは必要なかったりする。



で、ラリーがしたい

というわけで、いかに少人数で楽しいラリー(っぽいもの)ができるか・・・

ルールを考えてみた。

想定する参加台数は5台前後。



1、ルール

基本的には目的地を設定し、そこに如何に早くたどり着けるかを競う。

ただし、それだけではスピード狂が危険だし、楽しみも少ない。


そこで、チェックポイントルールを採用する。


チェックポイントとして設定するのは「コンビニ」!

参加者は1時間ごとにコンビニに寄って買い物をしなければならない。

そしてレシートを貰わなければならない。

レシートに打たれた購入時間と設定時間との誤差が到着時間に参入されます。

1分の差につき、5分加算程度を考えている。

例えば、11時のチェックポイント通過設定がされている場合、

参加者は11時00分と打たれたコンビニのレシートをゲットしなければならない。

レシートの時間が11:03だったり10:57だったりした場合、

到着時刻に15分加算されてしまう。


このルールにより、どれだけ早く目的地についても

正確にチェックポイントを通過しない限りはトップを取れないことになる。
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト
“iPod課金”議論、振り出しに 権利者とJEITA、小委員会で激論
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0807/10/news117.html


この手の記事を一通り読んでみて、
以前から気になっていた疑問が、表に出てきた。

それというのもJEITAという機械を作る会社の代表が
どうして補償金課金に反対の立場を採っているのか・・・?
課金は最終的に小売価格に転嫁されて消費者が負担する(そもそもの制度)のなら
売り手としては、課金による直接の損失は生じまい。
間接的には課金が値上げに類するために売り上げが落ちることが考えられるが
今回の議論のようにまるで消費者側の代表のように論を張るほどのインセンティブなのか?

私自身は、DRM(コピーコントロールetc)が廃止にさえなれば、
補償金を払うことについては譲歩しても良いのでは?という立場なので
JEITAが補償金に反対する姿勢は(敵の敵は味方的な意味で)ありがたいのだが、
如何せん、何ゆえ敵の敵になっているのかが分からないので、不気味だ。



⇒ 続きを読む
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 KITTENZ AND THEE GLITZ☆ all rights reserved.
プロフィール

楽青

Author:楽青  my prof-page!

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
最近の記事+コメント

カテゴリ展開メニュー

  • アバターとあお(17)
  • ネタ系(37)
  • アフィリエイト(3)
  • モブログ。(9)
  • BB(2)
  • 映画(2)
  • 未分類(25)
  • 料理・食事・お店について。(18)
  • テレビのはなし(62)
  • ネットのはなし(120)
  • 日常(193)
  • ふとした考察。(71)
  • ざれごと(181)
  • 美術・芸術・音楽・なんやかんや (9)(39)
  • あんな品、こんな品。(17)

comment viewer
カレンダー(月別)

06 ≪│2008/07│≫ 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。