Jacobsen's experiments in organic form are seen in this chair. He uses a moulded fibreglass shell with foam upholstery to create a smooth, womb-like cup on an aluminium base.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
産総研の循環バイオマス研究ラボと
財団法人の石炭利用総合センターが共同で
木材などの炭素資源をガス化する際に二酸化炭素が発生するが
カルシウムを吸収剤として使うことでクリーンなガスを生産する技術
開発したそうです。
さらに連続処理が可能な装置を開発したことで実用化に道筋になるらしい。

生産したガスは水素濃度が83%と
水素濃度は70-80%以下にとどまっていたドイツなどが取り組む技術より
高度化している。

実用化すれば製材工場の隣りに木材片を活用した
水素ステーションを置くといった使い方も可能らしい。

燃料電池や水素エンジンでは自然界に存在しない水素の生成技術が問題だった。
技術の発展で補えればいいものだ。

あとは運搬と保存方法の確立が重要だろうな。


スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://mooncalfs.blog22.fc2.com/tb.php/139-93d80920
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 KITTENZ AND THEE GLITZ☆ all rights reserved.
プロフィール

楽青

Author:楽青  my prof-page!

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
最近の記事+コメント

カテゴリ展開メニュー

  • アバターとあお(17)
  • ネタ系(37)
  • アフィリエイト(3)
  • モブログ。(9)
  • BB(2)
  • 映画(2)
  • 未分類(25)
  • 料理・食事・お店について。(18)
  • テレビのはなし(62)
  • ネットのはなし(120)
  • 日常(193)
  • ふとした考察。(71)
  • ざれごと(181)
  • 美術・芸術・音楽・なんやかんや (9)(39)
  • あんな品、こんな品。(17)

comment viewer

  • スポンサーサイト
  • エントリ#はコメントを受け付けていません
  • 木材から水素の生産に成功
  • 0件のコメント

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。