Jacobsen's experiments in organic form are seen in this chair. He uses a moulded fibreglass shell with foam upholstery to create a smooth, womb-like cup on an aluminium base.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、北海道で流氷に囲まれたシャチの集団死で、

死体から異常に高いPCBを検出したそうだ。


食物連鎖を通して有害物質が蓄積する「生物濃縮」とよばれる現象で、
水俣病なども水銀が生物濃縮された魚を摂取することに起因したはずだ。

この生物濃縮の話を聞くと、なぜか漫画版「風の谷のナウシカ」を思い出す。
なぜかは分からないけど・・・。

生物濃縮という現象は、分解しきれない物質について
それを分解できる生物が出現するのを待つという
超越的な自然現象ではないかと考えてしまう。
さらに、体内に蓄積させることで、非常に効率よく回収でき
それの拡散を防ぐことができる。
また、低級な生体から、より高度な生体に分解をゆだねるという回路も
根源的に組み込まれているのだろう。

それにしても、食物連鎖を利用し、示し合わせたように生態系全体で分解する、
もしくは全生態系をもって毒物を局所的に貯蓄し、次世代につなげる
そういった回路は、個々の生体のスタンドプレーによるチームプレー(笑)
とは、残念ながら私には到底及びもつかない次元で受け入れ難い。
こういうところで、神さまって存在するのかな?と思ってしまう。

神さまというのは、たまにその片鱗を残していきたがるものなのだろうか?
基本的に信じちゃいないんだけど
例えば、地球から見る月と太陽のみかけの大きさが同じであるとか
偶然というにはあまりにも驚異的なことには、、、^^

スポンサーサイト
TBありがとうゴザイマス。
「風の谷のナウシカ」には気づきませんでした。いい発想ですね^^b
地球にとって生物(少なくとも人間以外)は一種の浄化装置なのかもしれません。神様がいるかどうかは分かりませんが。自然の成り立ちというのは驚異的な調和、しかもバランスが崩れたところを補完していくような柔軟性をもった調和で成り立っているのかもしれませんね^^
【2005/03/07 Mon】  hiro  // mail #79D/WHSg [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://mooncalfs.blog22.fc2.com/tb.php/332-5b798990
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 KITTENZ AND THEE GLITZ☆ all rights reserved.
プロフィール

楽青

Author:楽青  my prof-page!

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
最近の記事+コメント

カテゴリ展開メニュー

  • アバターとあお(17)
  • ネタ系(37)
  • アフィリエイト(3)
  • モブログ。(9)
  • BB(2)
  • 映画(2)
  • 未分類(25)
  • 料理・食事・お店について。(18)
  • テレビのはなし(62)
  • ネットのはなし(120)
  • 日常(193)
  • ふとした考察。(71)
  • ざれごと(181)
  • 美術・芸術・音楽・なんやかんや (9)(39)
  • あんな品、こんな品。(17)

comment viewer

  • スポンサーサイト
  • エントリ#はコメントを受け付けていません
  • 誰がための自然浄化能力か。
  • 1件のコメント

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。