Jacobsen's experiments in organic form are seen in this chair. He uses a moulded fibreglass shell with foam upholstery to create a smooth, womb-like cup on an aluminium base.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


前編の記事に対して、魂花さんから

次のようなコメントをいただいちゃいました。


この流れは・・・

展覧会場で転倒!?





Σ(T□T)



あ、、、あの~、、、






なにげに、考えていた楽青。




隙があればやってみたいなぁ・・・と







もちろん、これw

























ところが!!



というか、予想通り・・・・





この混み具合です。






こんなところで転倒しようものなら・・・









なわけで・・・あえなく


















さてさて、それはそうとして、

チケット購入の際に



会場に於いて写真撮影が可能か

受付係に確認をとったところ。。。








なぜか、、、OKが出ました(汗)




というわけで、いくつか、様子を載せたいと思います。








「黄色い家」

クリック可。

ゴッホの代表作のひとつ。芸術家を夢見たゴッホがたどり着いたのが、アルル。友人たちと共同で生活しようと、駅前に大き目の家を借りたのだが、その家が、ここに描かれている家のようだ。












「悲しむ老人」

クリック可

これは、自らが8年前に製作したリトグラフの模写。労働者に対して興味を持っていたゴッホだが、この絵に描かれた老人も労働者である。ただし、服装は室内着に代わっているようだ。また、椅子なども、良く見ると例の椅子の絵と同じデザインなのが分かる。ここでは、うさぎではなく、老人が座っているのだが。












「開かれた聖書のある静物」

クリック可

前回の神戸におけるゴッホ展で、気に入った絵の一つがこれ。ゴッホの父が所有していた聖書をモチーフに、父の死後、描かれたそうだ。傍らには「生の悦び」(エミールゾラ著)が置かれており、また、消えたろうそくが置かれるなど、かなり含みを持たせた絵である。と解説には書いてあるのだが、とにかく、とても、良い絵だと感じている。その意味内容には私は興味が無い。



なお、今展示では、このモチーフとなった聖書の


実物も同時に展示してあったので、写真におさめた。




クリック可












「糸杉と星の見える道」


今回の展示の、売りのひとつがこの作品。クレラー=ミラー美術館展と名づけられた今回の展覧会で、そのクレラー=ミラー美術館所蔵の作品。(ちなみに、常と同じく他の美術館からの作品も展示されている)有名無名は気にしない私なのだが、これはもう言うことはないだろう。正直、涙が出そうになった。混雑してなければ、落ちてたかも。。。










さて、実は、いろいろと(もちろんフラッシュはオフで)撮影していると・・・





美術館のスタッフ(タオルケットを膝にのせて座ってる例のスタッフ)が








足早に、近寄ってくるではないか・・・



Σ(◎д◎;)д◎;)д◎)!!!



ナ、ナンダヨゥ~~~!!

















ハイ。

注意されました。



_| ̄|○



写真は、ご遠慮くださいませ・・・とのこと。


うん、普通そうだよね。

分かってるよ、普通はそうだよ。

でも・・・確認したよね・・・












というわけで、とりあえず、写真撮影は終了。






さて、もの凄い人ごみの中、怒りと憤りを抑えつつ(←次回)も


いつもよりも早いペースで、観覧を終了しました。


約1時間半の観覧。

考えられないくらいハイペースです(笑


今回、最も時間をかけて観たのがコレ↓







「夜(ミレーの模写)」

クリック可

ボ~っと突っ立って観ること、気が付けば30分ほど。どうやら、そうとう見入っていたらしい。このあと、腰がもの凄く痛くなった(笑)
さて、この作品は、文字通りミレーの作品の模写である。ミレーの素描に基づくジャック=アドリアン・ラヴィエイユの木口木版の連作<一日の4つの時>の一つが、これのもとの絵。どうやら、ゴッホはこの木口木版を気に入り、自宅の壁に飾っていたようだ。なにが素晴らしいかを、伝えようとすればするほど、言葉が無くなって行くのだが。。。ひとことで言えば、ゴッホ色。色彩だけの話ではない。



なお、↑の絵だけは、スキャン画像である。

元は今展覧会の作品集。




私は、展覧会を周るのをちょっとだけ趣味にしてるのだが
(まだまだ、キャリアは全然短い。3年ほどかな。)

その趣味で、2つこだわっていることがあって、

一つは入場チケットの保存。これは、かわいいものだ。

そして2つめが、展覧会用に特別に刷られている作品集。

これを買うのが、とても楽しみなのだ。



今回のがこれ↓








なんといっても、展覧会用のそれは、安いの。


格安なの。


これでも3000円ほどだったと記憶している。

3600円だったかな。確か。

今まで、何冊も購入してきたけれど、

大体、3000円程度。


普通、こういったカタログ類は、5000円とかして

ものすごい意を決さないと手が出ない。



さ~て、これで、ゴッホは何冊目だったかな?

ま、かぶることは滅多に無い(を信じてる)から

無駄ではないと思うんですが。。。




あ、みなさん、ゴッホの印刷物を買うときは

どうぞどうぞ、気をつけてくださいませ。

あんなに、印刷と原画で色が違う画家はいないと思います。

原画を見て、印刷物を見れば、誰でも幻滅すると思いますから。














つづく予定。
















スポンサーサイト
(゚ロ゚;)ぉぃぉぃ・・・写真撮れちゃってるょ うなアホなw
おらなんてシャーペン片手に小さなノートにメモとってるだけど、「それはただのシャーペンですか?」とさっそくチェキが入ったのに、えらい枚数撮れてまんがなw 裏山C^^;

ぉぉ、カタログを買ったのですね
あの500円の大きめのポスターも買ったのかな?
&同時開催のバルケンホール展も・・・後編に期待^^v
【2005/07/16 Sat】  AMNESIac7  // mail #79D/WHSg [ 編集 ]
これ、いいのか?
マジでさ・・・・・

い い の か ? 
【2005/07/17 Sun】  ぼぅ  // mail #79D/WHSg [ 編集 ]
なるへろ
きのうはゴッホの絵の写真だけしか表示されてなかったけど、実はこういうボケの写真も連発してたのねww
足早スタッフのお子ちゃま、かわぇぇねw
【2005/07/17 Sun】  AMNESIac7  // mail #79D/WHSg [ 編集 ]
何はともあれ、
楽青どんが美術好きってことが嬉しいよ(^o^)
うちのBlogでリンクしてるサイトがあるから
書いておくね。知ってたらすんま。

[幻想美術館]
http://www.fantasy.fromc.com/art/index.shtml
【2005/07/17 Sun】  wlw  // mail #79D/WHSg [ 編集 ]
おぉ!こんなにネタが仕込んであったのね・・・

スキーヤー好きだなぁ~


ってかなんで受付のヒトは撮影オッケーなんて出したんだ!?

美術館経験の浅いアタシでも知ってるのに・・・


【2005/07/17 Sun】  魂花  // mail #79D/WHSg [ 編集 ]
→あむさま
シャーペンにまでチェックが?
幸運なのか不幸なのか、混雑していたのがアレですね。
だからこそ、写真たくさんとれますたしw
例によって、お土産売り場もひとひとひとと人の嵐
だったから、中身も見ずにカタログだけ購入です。
ポスターは買ってないですよん!
【2005/07/17 Sun】  楽青  // mail #79D/WHSg [ 編集 ]
→ぼぅちゃ
なにが?
なにが、いいのかなのか?
のっけてもいいのか?!ってこと?
ま、しがないイチ・ブロガ~がひっそりやってることですから。
もし、文句でたら、記事は削除しますよ。
【2005/07/17 Sun】  楽青  // mail #79D/WHSg [ 編集 ]
→だれさま
幻想美術館ですか、初見ですぅ!
興味深い中身ですな。じっくり堪能してみます。
どもども、ありがとござますw
【2005/07/17 Sun】  楽青  // mail #79D/WHSg [ 編集 ]
→魂花どん
そうですよ!ネタ仕込んでたんですよ~!
IEで見てみたら、ネタがことごとく「あぼ~ん」だったから
ものすご~~~~い、_| ̄|○
まさしくスキーヤー状態。

受付係、ナゾでしょ?
あまりの多忙と疲労で脳機能停止だったのか?
「○○○いいですか?」と聞かれたので
思わず、ハイって答えたんでしょうかね。
【2005/07/17 Sun】  楽青  // mail #79D/WHSg [ 編集 ]
聖書の実物なんて観たことないぞー!
受付係、謎だけど写真撮れてラッキーだったし。

作品集の表紙、カフェテリアだよ♪
この絵好きなんだすよ。
やっぱアルルだわ。しばし鑑賞。
黄色が利いてる!ぷ!

【2005/07/19 Tue】  おねー  // mail #79D/WHSg [ 編集 ]
寝るときに布団に入ってから
「カフェテリア」と書いた気がした。
やっぱりそうだったし。

カフェテラスでした・・・_| ̄|○

ってこのカフェって今もあるのよね。
【2005/07/20 Wed】  おねー  // mail #79D/WHSg [ 編集 ]
そうそう、このカフェ"テラス"って
まだ、実在してるんですよね。
趣きもそのまま、違うのは道路がアスファルトだけ。
ゴッホは晩年、アルルがキテますよね。
太陽と言うか、黄色がとにかくキレイ。
【2005/07/20 Wed】  楽青  // mail #79D/WHSg [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://mooncalfs.blog22.fc2.com/tb.php/38-46b55c09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 KITTENZ AND THEE GLITZ☆ all rights reserved.
プロフィール

楽青

Author:楽青  my prof-page!

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
最近の記事+コメント

カテゴリ展開メニュー

  • アバターとあお(17)
  • ネタ系(37)
  • アフィリエイト(3)
  • モブログ。(9)
  • BB(2)
  • 映画(2)
  • 未分類(25)
  • 料理・食事・お店について。(18)
  • テレビのはなし(62)
  • ネットのはなし(120)
  • 日常(193)
  • ふとした考察。(71)
  • ざれごと(181)
  • 美術・芸術・音楽・なんやかんや (9)(39)
  • あんな品、こんな品。(17)

comment viewer

  • スポンサーサイト
  • エントリ#はコメントを受け付けていません
  • ゴッホ展に行きましたが。(中編1)
  • 12件のコメント

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。