Jacobsen's experiments in organic form are seen in this chair. He uses a moulded fibreglass shell with foam upholstery to create a smooth, womb-like cup on an aluminium base.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ1年ほど考え続けているのだが
どうしても答えが、自分なりの答えが導けない問題がある。

憲法九条問題、米軍基地問題、東シナ海ガス田問題、
対中問題、対韓対朝問題、対米問題、
イラク戦争、国連常任理事国加盟問題、、、

さまざまな問題が関連する事項なのだ。。。
要するに「自衛隊」のこと。
マスコミを有効に利用し、知名度を上げている最近の若手議員。
彼らの論調の多くは、憲法改正に反対し、9条を改善すべきと主張する。
どうも、現在の自衛隊は明らかに違憲であり、無理な運用だ、、、
と考え、現状に合わせた、そして、もっと多様な事態に対応できるべく
自衛隊、ならびにその周辺の法律等を整備すべきと考えているようだ。
ルールと違う運用をしておいて、
ルールを運用側に合わせるなんてナンセンス極まりない。
なんのためのルールだ。

私自身は、博愛主義者というわけではないと思うのだが、
自衛と言えども、武力を持つべきではない、、、という根源的思考がある。
なにせ、持たなければ使うこともないのだから
そして、現在の自衛隊という組織/構造は、憲法に違反すると考える。
そもそも、自衛隊なんて持たなきゃ良いのに、、、と思う。

そうは言っても、丸裸で居ても安全と言う意味では全く保障がない。
正直、中国は脅威だ。
ずっと言っているように思うが、仮に中国のバブルがはじけたらどうなるか
考えるだけで、恐ろしい。
今ならまだしも、もっと成長したときにはじけたら、、、。
北朝鮮は脅威ではない。

そうすると、やはり思考は日米安保に基づく駐留米軍だ。
率直な私の意見は、アメリカに守ってもらって何が悪い?ということ。
ここで問題となるのは2つ。
1つは、いつまでもアメリカの下でへいこらしてても良いのか
もう1つは、沖縄に苦を強いりすぎではないのか。。。ということ。

まずは、後者から考える。
現在、当事者以外は目をそらしている時事問題に
米軍の基地移転問題がある。
米軍に頼るのを前提とすれば、米軍の駐留は願ったりかなったりだ。
しかし、在日米軍の基地の多くは沖縄に集中している。しすぎている。
そして、沖縄の人は声を挙げている。
沖縄に在る基地が減って、沖縄経済が成り立つとは信じられないが
少なくとも、アメリカに守ってもらう以上はどこかが負担しなければならない。
ここで、アメリカ軍が日本に基地を置き、居座っているのが問題だ!
とトンチンカンな論議に入ってしまってはいけないと思う。
なぜなら、アメリカ軍が出て行って、じゃあ代わりに自衛隊が守るとして
同等の機能を果たすためには、結局同等の犠牲が必要だからだ。
結局、元在日アメリカ軍基地が、自衛隊の敷地になるだけなら同じだ。
確かに沖縄に苦を強いり過ぎではあるが
それは、日米安保の是非とは関係ないのではなかろうか?

さて、前者の問題についてだが、
先に出た若手議員の多くは、アメリカの呪縛から逃れることを願う
そんな節も見受けられる。
確かに、安保の廃止で米軍が出て行き、完全に自らで守るのであれば
アメリカの呪縛から免れて、完全な自立を成し遂げられるかもしれない。
しかし、それはウソだと思う。
少し話しが飛ぶが、1年ほど前に放送されていたアニメーションで
「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」という作品をご存知だろうか?
この中で、日本の首相が自国の内紛の火種を消すために
中国に助けを求めるかアメリカ(米帝)に助けを求めるか
決断を迫られるシーンがある。
私自身は、日本は、他国の庇護の下でしか生きられないと感じる。
理由は少なくとも2つ。
1つはエネルギー。
1つは食料自給。
果たして日本にエネルギー供給と食料供給を支えるだけの
広範な監視/介入が現実問題として可能か?
答えは、NO、であろう。
そもそも現在の在日米軍に匹敵する国防予算をどこからひっぱってくるか
そのからして疑問だが、
中東からアジアにかけての海域を守り
アメリカ→日本、ないしは、オーストラリア→日本のルートを
日本が確保できるのか?はなはだ疑問だ。

ちなみに、先ほどのアニメーションでは
結局どちらにも頼ることなく、中立の立場で自活する道を選んだ。
作品として致し方ないとはいえ、腑に落ちない・・・。

まずは、先の2つの問題点が改善される必要がある。
ガス田ないし未来のエネルギー(笑)が実現され
ファームファクトリーなどが確立されることによる食糧自給率の改善
これがなされない限り、自活は不可能ではなかろうか。

それから、戦争は数と戦略だ。
日本は数が揃えられない。土地がないから。
そして戦略は経験でしかない。
それもない。

戦争なんてしょうもないこと、こんなに時が進んでも
性懲りもなくやってくる国があるのだろうな、、、。
リアリティはない。できれば否定したい。
スポンサーサイト
@ 丸木戸佐渡さん
長い長いコメントありがとうございます。。。
しかしながら、削除させていただきました。長すぎです。
自分のブログでも書いているのだから、
そういうときはトラックバック機能を使用してください。
以降、よろしくおねがいします。

なお、コメントの内容は、PCに控えております。
後ほど、じっくり拝見しようと思います。

ちなみにトラックバックのやり方は、
ここの最下部にあるURL
http://mooncalfs.blog22.fc2.com/tb.php/554-77f0f912
をコピーして、記事投稿の際に
記事作成画面の「トラックバックURL(Ping送信先URL)」に貼り付けて
記事を投稿してください。わかりました?
【2006/03/24 Fri】  楽青  // mail #- [ 編集 ]
ちょい久だす。
米軍問題だと岩国基地を外せないですね!
ココ、直下に住んでる人も忘れないでください。
北の脅威は怖いからココに
F-14やらF-14ましては最新鋭機のF-18Aとか
配備してます。
最近も北がミサイル討ってきたけど権勢してるのだ
米だけ悪いとは思ってないのら、
少数ながら守ってもらってるって思う推進派が居る!
米が居なくなったJPは悲惨な状況下に置かれるからさ~
分かってるのさ~
沿岸にメガフロートを構築で、なんだけど
お役所の固い頭だとキツイらしい・・・馬鹿かと
所詮、テメーのイイトコ獲りかYO!だもん!

よって、本来住んでる人は、若者は、スルーしてますwうふ
【2006/03/28 Tue】  raira  // mail #tHX44QXM [ 編集 ]
@ raira丼
どもども、なんだかご無沙汰w

そっか、本来住んでる人の感覚ってそんなもんかぁ。。。
なんか刷り込みみたいな感じも・・・(゚Д゚;∬アワワ・・・
しかし、いまだ答えを持てていない問題、
なんか、ずいぶん参考になるご意見、非常に ♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪サンキュ
【2006/04/05 Wed】  楽青  // mail #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://mooncalfs.blog22.fc2.com/tb.php/554-77f0f912
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
意味が面白いかも  【2007/03/03 Sat】
中国政府はこの海域の資源開発研究を30年以上前から続けており、1999年に平湖ガス田(春暁の北、日中中間線よりも中国側にあるガス田)で天然ガスの生産を開始している。中国は経済成長により電力需要が逼迫していることから、春暁、天外天両ガス田でも日本の抗議にもかかわ
[ 意味が面白いかも ]
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 KITTENZ AND THEE GLITZ☆ all rights reserved.
プロフィール

楽青

Author:楽青  my prof-page!

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
最近の記事+コメント

カテゴリ展開メニュー

  • アバターとあお(17)
  • ネタ系(37)
  • アフィリエイト(3)
  • モブログ。(9)
  • BB(2)
  • 映画(2)
  • 未分類(25)
  • 料理・食事・お店について。(18)
  • テレビのはなし(62)
  • ネットのはなし(120)
  • 日常(193)
  • ふとした考察。(71)
  • ざれごと(181)
  • 美術・芸術・音楽・なんやかんや (9)(39)
  • あんな品、こんな品。(17)

comment viewer

  • スポンサーサイト
  • エントリ#はコメントを受け付けていません
  • not in my back yard...
  • 3件のコメント

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。