Jacobsen's experiments in organic form are seen in this chair. He uses a moulded fibreglass shell with foam upholstery to create a smooth, womb-like cup on an aluminium base.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダ・ヴィンチ・コードで一躍有名になった
作家のダン・ブラウンの最新作(実は違う)
「パズル・パレス(Digital Fortress)」を
今朝というか昨晩遅くに読み終えた。

ダン・ブラウンの作品は
これで日本発行分を全て読みきったことになる。

一度読み始めると止まらない
ひたすら読み耽る感がタマラナイ。
で、パズルパレスの感想だが
私自身はイマイチな感が否めない。

ダンブラウン作では「天使と悪魔」が好きなのだが
このパズルパレスは、展開や豆知識に深みがないし
疾走感やワクワク感に乏しい。

ダ・ヴィンチ・コードを読んだ人は分かると思うが
ダンブラウンの作品の面白さの一端は
むやみやたらにちりばめられた豆知識にあると思う。
スイス銀行がどうのとか、アナグラムがどうのとか。
で、今作品のダメなところは
そういう豆知識が突然出現して、物語を分断していることだ。
豆知識が物語りに織り込まれているのではなく
展開を裂くように入れ込まれているから、違和感を感じてしまう。

それから、この物語には日本が少し絡んでいるのだが
妙な日本観も読む際に薄い壁を作ってしまう。
物語に深く関わり、最初から出てくる人物の名が
「エンセイ・タンカド」という名前の日本人なのだ。
エンセイ・タンカドって!!!





私はこれまでにダンブラウンの作品を
1、ダ・ヴィンチ・コード
2、天使と悪魔
3、デセプション・ポイント
4、パズル・パレス
という順番で読んできた。
実際、パズル・パレスが去年の4月に発売され
氏の最新刊だと思っていた。
それにしては、文章や展開がつたないし、荒削りだな・・・と。
で、ハードカバー上下巻の上を読み終え
下巻に移ろうとしたときにブックカバーの文句を見て
なるほど、、、と思った。

なんともまぁ、ダンブラウンの最新刊ではあるが
「パズル・パレス」はデビュー作でもあるのだわ。
そりゃ、旨味が少ないわけだ。。。



ちなみに・・・今回の謎は結構早々に簡単に解けました。
むしろ深読みしすぎて余事記載の感すらあるくらいに・・・。

『SUN』は関係してると思ったんだけどねぇ~!
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://mooncalfs.blog22.fc2.com/tb.php/698-e99e82a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 KITTENZ AND THEE GLITZ☆ all rights reserved.
プロフィール

楽青

Author:楽青  my prof-page!

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
最近の記事+コメント

カテゴリ展開メニュー

  • アバターとあお(17)
  • ネタ系(37)
  • アフィリエイト(3)
  • モブログ。(9)
  • BB(2)
  • 映画(2)
  • 未分類(25)
  • 料理・食事・お店について。(18)
  • テレビのはなし(62)
  • ネットのはなし(120)
  • 日常(193)
  • ふとした考察。(71)
  • ざれごと(181)
  • 美術・芸術・音楽・なんやかんや (9)(39)
  • あんな品、こんな品。(17)

comment viewer

  • スポンサーサイト
  • エントリ#はコメントを受け付けていません
  • パズルパレス読後感。
  • 0件のコメント

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。