Jacobsen's experiments in organic form are seen in this chair. He uses a moulded fibreglass shell with foam upholstery to create a smooth, womb-like cup on an aluminium base.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は、極NHK翼なわけです。
そんな言葉があるなら、間違いなくソレです。

とはいっても、最近はそれどころじゃなくてテレビ自体見てないのですが・・・。
夕飯時に見る数分のニュースが大半。

ところが、そんな生活パターンの中で、気になって観てしまう番組があります。

「爆笑問題のニッポンの教養」という番組。

火曜の23時からやってます。
サラリーマンNEOシーズン2終了後に始まった番組ですね。
まぁ、サラリーマンNEOはシーズン3が先日から開始されたわけで
こっちもかかさず見なきゃならんことになるね( ●  ^  -  ^  ● )
閑話休題。

この「爆笑問題のニッポンの教養」という番組、
爆笑問題が大学教官や研究者を訪れ、議論を交わすというもの。

そもそも私は爆笑問題がとても好きです。太田も田中も。
とくに太田の頭の良さにはため息が出るんです。
某落語家の形態模写みたいなんはやめて欲しいところですが・・・。

ただ、この太田の突飛だけど筋の通った賢さは民放では活かせない。
昔、札幌放送かどっかの製作で眞鍋かをりと作家を呼んでトークをする番組があって
それは中々良かったのだが、一般ウケするもんではなく(長く続いたが)深夜枠だった。
爆笑問題もドンドンとギャラが上がっているのだろう。深夜枠ではそのギャラを賄いきれない。
ではゴールデンは?というと
先日まで太田総理が云々ってやってたけど
太田光の発想の素晴らしさに比し、周りが大衆娯楽過ぎる。
出ている議員も大衆娯楽なお大尽ばかりで、五月蝿くて見ていられなかった。

そんな中、爆笑問題が光に光っていた番組をNHKが作った。

45分の特別番組なのだが、

2006年5月27日に『爆笑問題×東大 東大の教養』を45分番組として放送したのがこの番組の始まりである。同年7月には『ETV特集』にて90分の「決定版」を放送。爆笑問題が東京大学教養学部から招待を受け、教授らと「教養とは何か」について論じ合った。(wikipediaより)



東大生とやりあうのは勿論、第一線の教授と言葉でやりあうのがとても新鮮で
やりあえる爆笑問題にもため息が出た。

それに、意外にも第一線の教授は頭が柔らかく、新鮮な刺激に飢えている感が伝わったのも良かった。




で、この特別番組がレギュラー化したのが「爆笑問題のニッポンの教養」。

ただ、この番組、アタリハズレがある。と私は思っている。
そのアタリハズレはひとえにゲストの教授/研究者の思考の深さに関わっている。

はっきり言って太田光の内的思考の深さは教授連中と張り合えるレベルだと思う。
なんていう私は何様?というツッコミは置いておいて、
兎にも角にも、賢い人と議論を交わす爆笑問題はこの上なく面白いのだが
たまに太田光と張り合える思考の深さを持っていない人が出てくると
議論が表面的で、全く、全く、全くもって面白くない。

今日の関西国際大学のプロファイル/犯罪心理学の先生がダメだった。

問題は知識的な深さじゃなくて、どれだけモンモンとしてきたかという思考の深さ。
(ほんと、今日のは薄っぺらかったなぁ・・・)



で、太田光自身は、見ている限り完全な文系脳、哲学脳。
だから、文系の先生、例えば哲学とは?というような回は見てて目からウロコなことが多い。
別に哲学のハナシをしているわけではないのだが、社会のぶった切り方とか・・・。

さらに興味深いのは、文系しか面白くないってわけじゃなくて
理系の人でも妄想系は強い。強いってなんやろ・・・(汗

一番感動したのが理系の先生だった。
地球微生物学を研究されている高井研さんとのトークは自分の中で伝説。
おもわずすげー!!!って声に出しちゃったくらい・・・。
海洋研究開発機構(JAMSTEC)の研究員らしいが、天才だよ、あれは( ´ー`)フゥー...

先々週の、編集工学という聞いたこともない研究分野の松岡正剛さんも良かった。





京大スペシャルを見逃したのはとても失敗だったが、

まぁ、なにはなくとも、この番組は素晴らしいのだ。

そしてNHKマンセー三 (lll´`)
スポンサーサイト
きのうあおが、小
きのうあおが、小悪魔は言葉みたいな生活するはずだったみたい。
【2008/04/09 Wed】  BlogPetのあお  // mail #- [ 編集 ]
松岡正剛つぁんは千夜千冊で有名なおっつぁんだね
すでに千冊超えたけど、書評ほむぺは
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya.html

もちろんアベコボとかのもあったーり
【2008/04/23 Wed】  あむ  // mail #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://mooncalfs.blog22.fc2.com/tb.php/800-d8cc16b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 KITTENZ AND THEE GLITZ☆ all rights reserved.
プロフィール

楽青

Author:楽青  my prof-page!

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
最近の記事+コメント

カテゴリ展開メニュー

  • アバターとあお(17)
  • ネタ系(37)
  • アフィリエイト(3)
  • モブログ。(9)
  • BB(2)
  • 映画(2)
  • 未分類(25)
  • 料理・食事・お店について。(18)
  • テレビのはなし(62)
  • ネットのはなし(120)
  • 日常(193)
  • ふとした考察。(71)
  • ざれごと(181)
  • 美術・芸術・音楽・なんやかんや (9)(39)
  • あんな品、こんな品。(17)

comment viewer

  • スポンサーサイト
  • エントリ#はコメントを受け付けていません
  • やっぱりNHK。
  • 2件のコメント

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。